株式投資

市場が混乱しているときでも投資を続けるために必要なマインドとは?

コロナショックでも投資を続けるために必要なマインドとは?

コロナショックで市場が大混乱していることは前回の記事でお伝えしました。

ポートフォリオ
新型コロナで金融市場は大波乱 長期投資家にとっては大チャンスの到来!?新型コロナウイルスで金融市場が大混乱しています。しかし、これは長期投資家にとってはチャンスである可能性も高いです。どうしてそういうことが言えるのか?暴落時の身のこなし方は?...

前回の記事のポイントは、

  • コロナショックにより、とてつもないスピードで市場が暴落していること
  • 長期投資家にとって、今回の暴落はチャンスになる可能性が高いこと

でした。

そして、チャンスをものにするには、やはり、それ相応の投資マインドが必要になります。

今回の記事では、暴落をチャンスに変えるための、投資マインドについてお話できればと思っています。

暴落をチャンスに変えるための投資マインド

  1. 資本主義のもとで、経済は成長し続ける(経済の仕組みを理解する)ことを理解する
  2. 過度なリスクは避けつつも、取るべきリスクはしっかりと取る

 

資本主義のもとでは、経済は成長をし続ける運命にある

ダウ平均株価 長期チャート

前の記事でも掲載した画像です。

私がこれから説明することを、1枚で物語っている画像です。

 

資本主義という経済システムを理解することが投資の第一歩

私達が組み込まれている経済の仕組みは「資本主義」と言います。

「資本主義」という言葉は学校の社会科で習っているので、聞いた人が多いとは思いますが、きちんと覚えている人は少ないはずです。

資本主義の経済システムは、かんたんに言うと、こんな経済システムです。

 

「経済の主人公である株式会社が、労働者を雇い、設備投資をして、利益を出す。そして、その利益を、さらなる利益を生み出すために、再投資する。そのサイクルが続く経済システムです。」

ここではこの経済システムが良いか悪いかという価値判断はさておき、実際にそういう経済システムで世の中が動いているということです。

 

より便利な世界を目指して、より富がもたらされる世界を目指して、資本主義という経済システムは昼夜を問わず機能し続けます。

その過程で企業は利益を出し、労働者は賃金を得て生活を成り立たせています。

また、経済が安定的に成長するように、政府は色々な政策を総動員させます。

(コロナショックの影響を抑えるため、各国の中央銀行は金融政策を実行し、政府は財政出動を行っています。)

 

ちょっと勢いづいてバブルになったり、みんなが恐怖にかられて市場が暴落するときもたまにあるけど、それでも長期で見ると、なんだかんだ言って、これまでの資本主義は拡大を続けてきました。

そして、これからも資本主義が拡大をし続けることになるでしょう。

私が投資を続けるのは、まさに「これからも資本主義が拡大を続けるであろう」ということが最大の理由なんですね。

 

過度なリスクは避けつつも、取るべきリスクは積極的に取りに行く

以前、私がTwitterでつぶやいたツイートです🌟

この投資手法は、私が様々な投資手法を経験してきた中で結局落ち着いた方法になります。

現物で、インデックス投資を通じて、長期で保有するというスタイルです。

 

この投資スタイルには、私の投資に対する考え方が如実に反映されているのと同時に、暴落をチャンスに変えるためのマインドが盛り込まれています♪

 

リスクは怖がるものではなく、自分で取るリスクの量をコントロールすることが大切

投資の世界では「リスクとリターンはトレードオフ」という表現をします。

かんたんにいうと、リスクを取らないと、リターンももらえないよね、ってことです。

 

なので、闇雲にリスクを嫌っていると、リターンも見逃してしますことになります。

なので、ここで大事なのは、リスクを完全に排除することではなく、取るべきリスクはしっかりと取りましょう、ということです🌟

 

そうは言っても、どこまでのリスクを、どのように取ったら良いのか悩む方もいると思うので、参考までに私のリスクに対する考え方を記しておきますね!

 

私のリスクに対する考え方のPOINTは

  • 市場リスクを長期で取りに行くこと

なんですね。

しつこいようですが、私の投資スタイルは、現物、インデックス投資、長期投資です。

 

現物投資をする理由は、ダウンサイドのリスクを固定するためです。

かんたんにいうと、投資額以上の損失はないということです。

なので、私は借金をする可能性のある信用取引をメインに資産運用のメインにすることはありません。私のリスクの取りどころは、そこではないということです。

 

また、インデックス投資をする理由は、個別株のリスクを排除するためです。どんなに素晴らしい投資家であっても、未来を予測することは不可能です。個別株には予測のしようの無いリスクにより、会社が再起不能の状態に陥ることがあります。

(例えば、東日本大震災の影響を受けた東電のように)

そうした個別株のリスクを排除した上で、なおかつ資本家としてリスクを取っていくには、インデックス投資という市場をまるごと買う投資手法が良いのですね🌟

 

最後に長期投資をしているのは、資本主義下における経済が成長するという果実を、より安定的に得るためです。

人間と同じように、そのものが持つ本来の性質が安定して出現するためには、時間がかかるということです。

 

このような投資マインドを持つことで、私はこの暴落相場であっても恐怖を感じることなく、冷静に買い増しを検討できる状態にあります。

こうして記事を書いている最中にも、アメリカのダウ平均株価は歴史的な下げ幅を記録しています(笑)。

 

長文になりましたが、この記事で言いたいことは

  • 資本主義のもとでは、経済は成長する傾向にある
  • リスクは避けるべきものではなく、自分である程度コントロールしながら取っていくもの

ということでした!

私はこれまでも、そして、これからもこの記事に書いた投資マインドでもって資産運用をしていきたいと考えています(*^^*)